2018年11月15日

『常敗将軍、また敗れる 2』

渡辺つよし 先生による漫画連載が早々に始まった、北条新九郎 先生のファンタジー戦記。
第2巻は新たな仕事を受ける中で“ティナ”が負け続けている姉“リィス”が登場します。
(イラスト/伊藤宗一 先生)

http://hobbyjapan.co.jp/hjbunko/lineup/detail/812.html
http://hobbyjapan.co.jp/comic/series/zyouhai/


“ダーカス”の「その筋では有名」ぶりを見せつつ今回向かうのはアイゼル王国の内乱に
巻き込まれた領地サウロン。その地を治める男爵だけでなく、“リィス”の挑発に乗って
単独行動に走ってしまう“ティナ”など、内外から理解されない彼の苦難は続いています。

「誰にも殺させない」けど「死ぬときは私が殺してあげる」と強い意志を見せる“リィス”
に対して“ティナ”は姉を殺したいのか、そう問いかける“ダーカス”の理解者たる姿は
魅力あふれる、まさに頼れる男の理想像。“アイザッシュ”の成長を見守る様子も同様に。

「ザルム傭兵団」という分かりやすい強さを示す敵だけじゃない今回の敗戦処理。優勢な
“マルサーユ”の姿勢を巧みに崩していく“ダーカス”の負けっぷりが爽快です。そこに
“ティナ”や“アイザッシュ”の一皮むけた様子も相まって見所も増えており、注目です。

posted by 秋野ソラ at 00:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2018年11月14日

『理想の彼女と不健全なつきあい方』

瑞智士記 先生が贈る新刊は、憧れの女性コスプレイヤーの正体に気付いた大学一年生の
青年が周囲には秘密にしたい彼女と契約関係を結ぶところからはじまるラブコメディです。
(イラスト:フミオ 先生)

https://ebten.jp/p/9784047353879


高校一年の夏。同人誌即売会でお目当てのサークルにできた長蛇の列。薄い本も買えずに
心折れた“陸生”は会場で見かけたコスプレイヤー“μ”に心を惹かれる。瞬く間に一躍
有名となる彼女の画像をただ眺められればそれでいい、彼はそう思っていたのだが──。

ということで、サークルで出会った野暮ったい女性“美優”が“μ”として活動している
ことを知った“陸生”がつかず離れずの距離感で彼女の秘密を守ろうと、まさに東奔西走
していく様子は時に手に汗握ることもあれば「羨ましいぞこの野郎」と言いたくなる訳で。

もちろん隠し通すのも無茶な話ですのである人物にバレてしまうのですが、そこから挽回
できるかどうかに焦点が当たります。“陸生”の腐れ縁である“春奈”や郷土史研究会の
面々など他にもいつバレるか心配な要素をどう乗り切るのか。先が見てみたいものです。

posted by 秋野ソラ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2018年11月13日

『六畳間の侵略者!? 30』

健速 先生が贈る人気シリーズ。通算32冊目はフォルトーゼからの留学生、そして新入生
として“賢治”の妹“琴理”を迎え入れる高校で“孝太郎”が3年生の生活を始めます。
(イラスト/ポコ 先生)

http://hobbyjapan.co.jp/hjbunko/lineup/detail/809.html


某性悪記者の妹“ナルファ”は、兄とは違い写真家か映像作家を目指すそそっかしい少女。
吉祥春風高校に留学生として訪れた彼女の世話係に“琴理”が選ばれる所から話は動いて
いきます。ようやく登場、といった訳で新たな幕開けを象徴するかのような新鮮さが良い。

今回は“賢治”がババを引く場面が目立ちました。女性と付き合う考え方を妹に理解され
なかったり、フォルトーゼと地球を巡る陰謀に巻き込まれたり、その流れで“孝太郎”が
青騎士として頑張ってきたこと、六畳間の面々との繋がりをようやく知ったのですから。

安定したチームプレイで“ナルファ”に迫る危機を払っていく安心感を堪能すると共に、
ちょっとずつバージョンアップしていく六畳間の面々の戦いぶりにも注目して頂きたい。
“賢治”も荒事に巻き込まれそうで同情を禁じ得ませんが、乗り越えてほしいものです。

posted by 秋野ソラ at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2018年11月12日

『私が大好きな小説家を殺すまで』

斜線堂有紀 先生が贈る新作は、ある作家のファンである不遇な少女が偶然に本人と出会い
救われたにも関わらず、彼を殺さなくてはならなくなる結末に至るまでの経緯を綴ります。
(イラスト/くっか 先生)

http://mwbunko.com/978-4-04-912111-7/


午後7時から午前7時。押入れの暗闇に閉じ込められる生活を母に強いられる少女“梓”
の数少ない拠り所は“遥川悠真”が書いた小説。その本が母の怒りを買う仇となり部屋で
一人となってしまった彼女は大好きな本を手に踏切自殺を図るが呼び止める声がして──。

先生の気まぐれに救われて。憧れの先生が綴る文章に触れるだけで幸せな時間が大切で。
そんな“梓”の幸せな時間が続けばいいのに、という期待は彼のスランプと彼を救おうと
とった彼女のとある手段がきっかけで脆くも崩れ去っていく。それが切なくて、苦しくて。

先生との長い付き合いを経て“梓”に育まれてきたある感情が最後の引き金に手をかけた
その時に“遥川悠真”は何を感じていたのか。彼女がそれをどう受け止めたのか。最後の
一文に込められたと思われる機微、その先にある情景を想像するためにぜひ読んで下さい。

posted by 秋野ソラ at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2018年11月09日

『ゲーマーズ!11 ゲーマーズと初恋マルチエンド』

葵せきな 先生が贈る、こじらせゲーマーたちのすれ違い青春ラブコメ。第11巻は突然に
訪れたイベントに対して“景太”たちがこじらせた想いに彼らなりの結論を導き出します。
(イラスト:仙人掌 先生)

http://www.fujimishobo.co.jp/bk_detail.php?pcd=321806000014


奪った側も、奪われた側も動揺が隠せない、これまた不器用な関係。

敗北者にしか見えない“可憐”、勝者にはとても見えない“千秋”。まさに惨憺たる様は
見るのも痛々しく。その精神的な苦痛をもゲームで乗り越えていくあたりは実に彼女たち
らしいと言うしかなく。すべてを理解していた“真音”の立ち回りがまた小憎い演出で。

唇を奪われた“景太”が自分のことはさておいて“亜玖璃”の、そして“祐”の背中をも
押していく姿勢から、彼の本質が見えてくるという描写もまた絶妙。“祐”が彼女に対し
襟を正した場面は「ようやくここまで来たか」と胸を撫で下ろしたくなるほど素敵でした。

ここまで散々こじらせてきた想いのベクトルに一つ区切りがついたことで、気になるのが
“景太”の去就。これはもう読んで確かめていただくしかありませんが、すんなり決まる
こともないあたりが彼らしい。うれし涙の先にある真の最終巻で何が飛び出すが注目です。

posted by 秋野ソラ at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2018年11月08日

『自称Fランクのお兄さまがゲームで評価される学園の頂点に君臨するそうですよ?5』

三河ごーすと 先生が贈る学園ゲーム系頭脳バトル。第5巻は獅子王学園の生徒会が新しい
体制と夏休みを迎える中で、“紅蓮”たちが新たなゲームの場に臨む物語のはじまりです。
(イラスト:ねこめたる 先生)

https://mfbunkoj.jp/product/f-rank/321807000181.html


理事長の思惑にまんまと嵌められてクオリアの所有権を賭けた世界各国の遊戯養成校との
戦いに参加させられる“紅蓮”の脇の甘さ。所々でそれが影を落としてくるのが気になる。
とは言え今巻はその嵐に挑む前の穏やかさを演出してきて微笑ましくなる場面が多いです。

今巻は冒頭にある“桃花”のモノローグにもあるとおり彼女の話が軸。中々に重い過去を
背負いつつ、勝負には向かない気質の彼女がどうすれば守るもののために強くなれるのか。
思いがけない才能を開花させて、意外な勝負で“紅蓮”を追い詰めていく展開が実に熱い。

「人生を賭けて戦う」なんて汚れた世界を知ってほしくない“紅蓮”の思いを知ってなお
ゲームの場に挑む“可憐”の気概が裏のテーマにもなっている印象を受けました。そこへ
畳みかけるように現れる新たな敵からのアプローチ。どんな死闘が待ち受けるか注目です。

posted by 秋野ソラ at 00:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2018年11月07日

『ピンポンラバー2』

谷山走太 先生が贈る青春卓球ストーリー。第2巻は学園序列1位のパートナーに選ばれた
意外な人物の話を契機に、“翔星”や“瑠璃”が卓球と向き合う姿勢を改めて問われます。
(イラスト:みっつばー 先生)

http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784094517590


突如学園に帰ってきた“獅子堂”。彼のパートナー選びで白羽の矢が立つと信じていた
“瑠璃”の落胆、更には“紅亜”を追って押しかけてきた世界のトップ選手“メイリン”
からもダメ出しを食らう意味を推し量れなかった“翔星”の後手後手ぶりがもどかしい。

何のために卓球をするのか。思いがけず相対することになった“瑠璃”と“翔星”、各々
生い立ちがにじみ出る主張のぶつかり合いが切なくて、けれども心揺さぶられる何かが
たくさん込められていて印象深かった。“沙月”の頑張りも泥臭くて、また格好良くて。

頑なな“瑠璃”の目を覚まさせるための布石といて“翔星”が、そして“紅亜”が打った
布石が功を奏すか否か。彼の情熱が不条理に抗っていく戦いの行方、そして“瑠璃”自身
卓球とどう向き合うのか、この結末と結論は見届ける価値アリかと。続きが楽しみです。

posted by 秋野ソラ at 00:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル