2018年07月31日

『出会ってひと突きで絶頂除霊!3』

赤城大空 先生が贈るアツくて淫らな退魔活劇。第3巻はHなゲームをプレイする友人らが
次々と不在となる現象が広範囲で発生していると知った“晴久”たちが解決に乗り出します。
(イラスト:魔太郎 先生)

http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784094517446


冒頭から18禁作品みたいな展開と挿絵で一瞬「ガガガ文庫、だよね?」と見返したくなる
ご褒美感。そんな淫夢の後に囁かれるあの女の声とその内容には“晴久”同様、戸惑いが
隠せません。早速“美咲”に夢の内容を握られる、という不遇さには同情を禁じ得ません。

絶頂除霊の使用を促す女の声について調べる間もなく女装させられる“晴久”が可哀想・・・
と安易に思ってしまうと後々のラッキースケベに繋がる布石だと気づかされた時に、思わず
羨まけしからんと裏切られるので要注意。今巻はえちぃ情景も挿絵も殊更に力が入ってます。

異常なまでに男性を忌避する学園の謎、クリアできないエッチなゲームに取り込まれる人々、
“晴久”と繋がりたい女の子の存在、すべてをひっくるめて遂に姿を現した「彼女」がまた
厄介そうで。女性関係を含めて更なる難題を突き付けられた彼の命運が気になる展開です。

posted by 秋野ソラ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2018年07月30日

『やがて恋するヴィヴィ・レイン6』

犬村小六 先生が贈る、恋と会戦の物語。第6巻はジュデッカに落ちた“ルカ”が世界の
秘密に触れると共に、“ファニア”が出会ったあの人物が物語を動かす展開を描きます。
(イラスト:岩崎美奈子 先生)

http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784094517453


ジュデッカ、グレイスランド、そしてエデン。3,000メートルの壁に隔てられた世界の謎。
“ルカ”が最下層に落とされたことでそれらが次々に明らかとなっていく話運び、そして
文字通り世界を股に掛ける運命の巡り具合には、彼らと同じく驚きの連続を禁じ得ません。

そして“ファニア”が先に出会った運命の人“ヴィヴィ・レイン”。“アナスタシア”が
彼女に仕掛けた迂遠な計画、“アステル”が生きてきた約7年間が無駄ではなかった、と
感じさせてくれる互いに手を差し伸べるあの場面、そして挿絵が強く強く印象に残ります。

少しずつステージを上げて辿り着いたオーバー・テクノロジー「ワールド・トリガー」。
その扱いに激論を交わす“ルカ”たちの様子がまたブレなくて、その裏側にある想いと
共に愛おしさがあふれます。引金の扱いを担った彼らの出した結論、その先を見届けます。

posted by 秋野ソラ at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2018年07月27日

『蜘蛛ですが、なにか? 9』

馬場翁 先生が「小説家になろう」で公開していた迷宮サバイバル・ストーリーの書籍版。
アニメ化企画進行中の報を受けて刊行される第8巻は“姫色”が遂に“D”と対面します。
(イラスト:輝竜司 先生)

https://kadokawabooks.jp/product/s12/321803001542.html


“姫色”が意外にあっさり力を使うきっかけを得たと思えば、あんなことをやらかすとは。
そしてまさかの“D”の正体と立ち位置。ラスト40ページほどで次々に繰り出される真実。
彼女が“D”の誘惑から完全に逃れられる日は来るのか、興味深く見守っていきたい所で。

そんな“姫色”の二度に及ぶ無断外出を咎める“ソフィア”が未だ力及ばずという不遇さ。
魔王様ご一行、という肩書を前にしてもチンピラぶりを示す“ブロウ”と肩を並べる勢い。
彼女の切り札があればこそ、あの鬼と対峙できたと言えますが大丈夫なのか気になる話で。

今巻で一番の勝負となる“ラース”との直接対決。“京也”として生きてきたはずの彼が
鬼として猛威をふるうまでの記憶を伴っていた点は哀愁を滲ませます。思いがけず自由を
得た彼がこの異世界で何を為せるのか。“姫色”の今後も含めて注目したいと思います。

posted by 秋野ソラ at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2018年07月26日

『リア充にもオタクにもなれない俺の青春2』

弘前龍 先生が贈る青春小説。第2巻は合唱コンクールを前に“蒔菜”と“叶夢”の対立が
浮き彫りとなるクラス内で面倒くささを感じる“亮太”が“恵久”との彼女関係に臨みます。
(イラスト/冬馬来彩 先生)

http://dengekibunko.jp/newreleases/978-4-04-893923-2/


前巻で“奈々子”の嘘がもたらす人間関係と距離感に悩んだ“亮太”。今度は“恵久”を
少なからず想っている“木ノ本”に深入りしてほしくない彼女から3ヶ月恋人関係になる
お願いを引き受けたことで、これまた知られざるリア充の人間関係に晒されるワケです。

“恵久”と“木ノ本”の内緒話を偶然耳にした“亮太”が恋愛感情について苦悩する姿は
リア充にもなりきれない彼らしさを晒してきます。“恵久”とドライな関係を貫くはずの
彼が思いがけないヒントを得ることで彼女の「嘘」と向き合うことになる展開は興味深い。

“奈々子”が駆使したスキルについては空恐ろしさを感じずにはいられなくてつい苦笑い。
好きでも嫌いでもない“亮太”なりに“恵久”の気持ちを慮って、歩み寄っていく様子は
まさに彼らしい。これからも嘘をついて生きていく、その言葉に全てがある気がします。

posted by 秋野ソラ at 00:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2018年07月25日

『エロマンガ先生(10) 千寿ムラマサと恋の文化祭』

伏見つかさ 先生が贈る新たなる兄妹ラブコメディ。第10巻は“ムラマサ”からの衝撃的な
新作小説から熱い想いを感じた“マサムネ”たちが、文化祭を舞台にそれを受け止めます。
(イラスト/かんざきひろ 先生)

http://dengekibunko.jp/newreleases/978-4-04-893914-0/


普段の“ムラマサ”からは及びもつかないアプローチに“麟太郎”が“マサムネ”を思わず
呼びだしたくのも分かるというもの。宣戦布告と受け取った“紗霧”のヤキモチぶりがまた
可愛らしい・・・というか、出歯亀のような変態的おっさんぶりに磨きが掛かっていて苦笑い。

今の自分が経験できる恋愛を元に「世界で一番面白い小説」たる物語を“マサムネ”へと
届けるために、彼女が迎え入れる文化祭という青春の一幕。女子高という物珍しさに加え
「先生」ではなく“花”という一個人として皆から愛されている様子は微笑ましいものが。

“エルフ”もしっかりアピールを仕掛けてくる中、“ムラマサ”の親友“鈴音”が彼女を
公平な勝負に持ち込もうと後押しする様子が目を惹きます。紡がれた恋物語を読み終えて
“マサムネ”がどう反応を返すのか。真摯な彼の姿勢をぜひ見届けてほしいと思います。

posted by 秋野ソラ at 00:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2018年07月24日

『魔王学院の不適合者2 〜史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う〜』

かやはるか 先生による漫画連載も始まる、秋 先生の「小説家になろう」投稿作の書籍化。
第2巻は魔族最強の剣士を決める大会を舞台に“アノス”を陥れる奸計がめぐらされます。
(イラスト/しずまよしのり 先生)

http://dengekibunko.jp/newreleases/978-4-04-893920-1/
https://ncode.syosetu.com/n1578dx/
http://www.jp.square-enix.com/magazine/mangaup/


“アノス”の仲間に加わりたい“ミサ”からもたらされた「皇族派」そして「統一派」の
派閥争いの情報。ただし後者劣勢、という状況が今巻の軸を担っていくと共に、それらに
こだわらない“レイ”の存在がたちを色々な意味で試すような展開が面白い。

映えある魔剣大会に“アノス”が出場可能となったその裏にも問答無用で彼を陥れようと
する謀略しかなく。けれども圧倒的な力でねじ伏せていく彼の強さがまた格好良い。陰で
こそこそしていた“エミリア”にしっかりとお灸を据えてくれたのは胸がすくものでした。

今巻でも“アノス”の過去、現在を問わず関係者を揺さぶりの一手として使いながら表に
出てこない“アヴォス”の存在が不気味すぎて次に何を仕掛けてくるか注目したいところ。
それにしても「ファンユニオン」のノリとシリアスな話の筋との落差が凄すぎて驚きです。

posted by 秋野ソラ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2018年07月23日

『はじらいサキュバスがドヤ顔かわいい。 〜ふふん、私は今日からあなたの恋人ですから……!』

旭蓑雄 先生が贈る新作は、サキュバスなのに男性恐怖症という残念少女が、同人誌発売会
で出会った二次元キャラしか愛せない偏屈少年を練習台に恋愛特訓へ挑む顛末を描きます。
(イラスト/なたーしゃ 先生)

http://dengekibunko.jp/newreleases/978-4-04-893921-8/


えっちな絵を描いてネットに上げ続ける謎多き女性イラストレーター“夜美”。その訳は
サキュバスだが直接煩悩を搾取できない代わりに絵を見た男性らからそれを掠め取るため。
とは言え苦手克服が必要、として自身の絵が大好きな“康史”に白羽の矢を立てるが──。

男性に対してとことんヘタれな“夜美”が“康史”と恋人ごっこをする様子は微笑ましく、
それに付き合わされる彼の三次元断固拒否ぶりが潔すぎて噛み合わない所は実にコミカル。
“夜美”を支援する“リリィ”の真意が徐々に掴めてくると、納得の立ち位置で好みです。

サキュバス世界のしがらみに“夜美”が縛られていると知って義憤にかられる“康史”の
姿から窺える心境の変化に注目。平行線のままも良し、ふと瞬間的に距離を詰めるも良し、
どこまでも頑なな2人を“リリィ”のように眺めていたい。そんな気持ちになる作品です。

posted by 秋野ソラ at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2018年07月20日

『徳川料理人の事件簿 1』

井の中の井守 先生のWEB小説雑誌「N-Star」掲載作が書籍化。江戸時代に転生して医師と
なった見習い料理人が思いがけない出会いから料理人としての夢を追い求めていく話です。
(イラスト:天音るり 先生)

http://nox-novels.jp/bibliography/20180426-2/
https://ncode.syosetu.com/n8695ei/


「安くておいしい手作り料理を振る舞うレストランを開く」その夢に破れた“平次”だが
江戸時代に転生して食と医療を結びつける膳医となったある日、名家の姫を助けた縁から
城へ呼ばれることに。その姫こそ時の将軍“徳川家綱”で、ある願いがあると言うが──。

現代世界の食文化を知るからこそ改めるべきを知る“平次”が、それを実践していく姿を
目の当たりにするからこそ“お綱”が彼に信頼を、やがて思慕を寄せていくのが分かると
言うもので。なぜか将軍という立場にある彼女の、不遇な状況が分かってからはなおさら。

「ノクスノベルス」ということで濡れ場はありますが、今巻はやや抑え気味。タイトルに
あります通り「事件簿」ですので、まずは事件が起こるまでが描かれます。“平次”にも
無関係ではない話だけに解決へと導けるのか。“お綱”との未来と合わせて気になります。

posted by 秋野ソラ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2018年07月19日

『素人おっさん、転生サッカーライフを満喫する』

ハーーナ殿下 先生の「第6回ネット小説大賞」受賞作。3歳児として人生をやり直す契機を
得たサッカー大好きおじさんが、知識を駆使して地元サッカーチームを盛り上げていきます。
(イラスト:白蘇ふぁみ 先生)

http://www.cg-con.com/novel/publication/06_tugikuru/01_tenseisoccer/index.html
https://ncode.syosetu.com/n5399el/


サポーターとして応援し続けてきたプロサッカーチーム「ブランデール弘前」解散の報せ。
幼少の折に交通事故で家族を亡くし、そして後遺症で命を危ぶむ“コータ”がそれを耳に
して生きる希望をも失った・・・はずの31歳のおっさんが何故か幼稚園児に戻っていて──?

「ブランデール弘前」も健在、ということで恩返しのような気概でもってサッカー選手と
なるべく自己流のトレーニングに明け暮れる“コータ”。プロ選手の息子“ヒョウマ”と
出会ってから更に切磋琢磨して実績を積み重ねていく安定した話運びがとても清々しい。

やがて迎える「全日本小学生サッカー大会」で味わう挫折。それすら将来の夢を見据えた
糧として努力していく“コータ”たちを自然と応援したくなります。合間に挟まれる閑話
から未来は約束されていそうなので今後も安心して読めそうなのが良い作品だと思います。

posted by 秋野ソラ at 00:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2018年07月18日

『なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?4 神罰の獣』

ありかん 先生によるコミックスも好評発売中な、細音啓 先生が贈るファンタジー超大作。
第4巻は鍵を握る幻獣族“ラースイーエ”の出会いから、更なる真実が浮かび上がります。
(イラスト:neco 先生)

https://mfbunkoj.jp/product/nazeboku/321803000532.html


“鏡光”からの提案を経て折り合いをつけた“カイ”たちが辿り着いた、鉄屑の町アギト。
そこで耳にする、この世界における“シド”との認識のズレが新たな争いを呼びそうで
まず緊張が高まります。今巻は“カイ”の常識を次々と覆していくのが印象に残ります。

そして幻獣族の牙皇“ラースイーエ”と邂逅して、いの一番に示される「大始祖」という
存在。彼女が「切除器官」を受け入れた理由の衝撃たるや“カイ”が受け止めとめきれず
疑念を抱くのも無理はなく。その上、世界の改変に続きがあるとか、止められないとか。

気がつけば“カイ”も知らない新たな種族が現れたり、まさに未曽有の領域に突入する
物語の行方が読めない状況に。“レーレーン”が出来るといった「あれ」が救いですが
改めて「大始祖」とは何か、そして“シド”が見たものとは。明らかになる時を待ちます。

posted by 秋野ソラ at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2018年07月17日

『魅了スキルでいきなり世界最強2 誘惑の乙女』

北山結莉 先生が贈る異世界ファンタジー。第2巻は神騎士として力をつけるため浮遊島
3万人の女性を魅了することになった“太陽”に、“メリッサ”が意味深長に接近します。
(イラスト:にの子 先生)

https://mfbunkoj.jp/product/miryo/321803000534.html
https://kakuyomu.jp/works/1177354054885219317


やや前のめりに魅了されにいこうとする“アナスタシア”や“イリス”。その艶姿を見て
というだけではないかと思いますけど“ルゥ”が試練を課していったりと“太陽”を巡る
関係はまさにハーレムへ至る道程そのもの。そこに異議を唱えるのが“エスカリテ”です。

そして“アナスタシア”の妹“エスカリテ”をけしかけていく形をとるのが“メリッサ”。
“太陽”に対してあまり良い印象を持たないように見える“メリッサ”が彼にアプローチ
していく矛盾、決定的な瞬間を迎えて問いかけられる彼女の想いを彼がどう受け止めるか。

“メリッサ”との微妙な関係を持て余してしまう“太陽”たちを襲う新たな眷属の登場に
浮遊都市も窮地に陥る緊迫の展開。見かねた“ルゥ”が下す選択に“メリッサ”が気丈な
態度を示す場面はらしさがにじみ出ていて良いかと。彼女と共に応援したくなる物語です。

posted by 秋野ソラ at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2018年07月16日

『僕は何度も生まれ変わる』

十文字青 先生が贈る新作は、社畜として生きてきた青年が29歳で世を去った、と思いきや
何度も殺されて生まれ変わりを経験することになる中で逆転の一手を得る顛末を描きます。
(イラスト:だーくろ 先生(gumi/gg2))

https://sneakerbunko.jp/product/again-again/321710000338.html


日本人として生きた前世の記憶を持ち、異世界で田舎村で使用人として生きる“ラニィ”。
ショッキングピンクの髪の女に村を襲われて想い人と共に命を落とした、と思えば今度は
“ギルヒー”として村を襲った帝国軍に抗う兵士として戦い、そしてあの女が現れて──。

転生する度に同じ女に命を奪われ、18歳で死ぬ運命を背負った主人公が傭兵部隊に拾われ
“ロア”として育ち、その血に流れる秘密に触れてからは“タマミナ”と結婚したりと
好転を見せ始めますが、あの女の影が忍び寄ります。正体不明だけに恐怖感を煽られます。

特別な力は無くとも、これまで生きてきた経験と今の立場をフル活用して迫る死の恐怖に
立ち向かおうとする“ロア”を次第に応援したくなる展開、そして彼が持つという魔眼の
真価が明らかとなる瞬間、見所も多く実に熱いのでオススメできる滑り出しかと思います。

posted by 秋野ソラ at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2018年07月15日

「好きなライトノベルを投票しよう!! 2018年上期」エントリー


三角の距離は限りないゼロ
 【18上期ラノベ投票/9784048938297】
  → 感想記事: http://njmy.sblo.jp/article/183222773.html

錆喰いビスコ
 【18上期ラノベ投票/9784048936163】
  → 感想記事: http://njmy.sblo.jp/article/182799828.html

数字で救う! 弱小国家(2)
 【18上期ラノベ投票/9784048937962】
  → 感想記事: http://njmy.sblo.jp/article/183055798.html

ファイフステル・サーガ
 【18上期ラノベ投票/9784040726991】
  → 感想記事: http://njmy.sblo.jp/article/183178717.html

好きって言えない彼女じゃダメですか?
 【18上期ラノベ投票/9784041070789】
  → 感想記事: http://njmy.sblo.jp/article/183504448.html

自称Fランクのお兄さまがゲームで評価される学園の頂点に君臨するそうですよ?(4)
 【18上期ラノベ投票/9784040699172】
  → 感想記事: http://njmy.sblo.jp/article/183416558.html

俺もおまえもちょろすぎないか
 【18上期ラノベ投票/9784040696782】
  → 感想記事: http://njmy.sblo.jp/article/182328685.html

15歳でも俺の嫁!
 【18上期ラノベ投票/9784040698588】
  → 感想記事: http://njmy.sblo.jp/article/183170853.html

ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?
 【18上期ラノベ投票/9784797396850】
  → 感想記事: http://njmy.sblo.jp/article/183286812.html

天才王子の赤字国家再生術
 【18上期ラノベ投票/9784797397031】
  → 感想記事: http://njmy.sblo.jp/article/183278754.html



◆ 好きなライトノベルを投票しよう!! - 2018年上期
 https://lightnovel.jp/best/2018_01-06/

posted by 秋野ソラ at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2018年07月13日

『忘却のカナタ 探偵は忘れた頃にやってくる』

「ファンタジア文庫」に初登場となる 新井輝 先生の新作は、12階建てビルの13階にある
という噂の探偵事務所に助けを求める人々と、記憶を消せる探偵との人間模様を描きます。
(イラスト:ヤスダスズヒト 先生)

http://www.fujimishobo.co.jp/bk_detail.php?pcd=321802000914
https://kakuyomu.jp/works/1177354054885267873


「人の記憶を消してくれる」「3日以内に難題を解決する」「依頼者もそれを忘れる」。
何とも眉唾物の「忘却社」をすがる思いで探し求める“咲夜”が解決したいのは同級生
“藍”のストーカー騒動。12階建ての建物を虱潰しに探す彼女が目にしたものとは──。

『ROOM NO.1301』のことを思い起こさずにはいられない設定。個性的な人格の持ち主らと
相まって、どこか懐かしさすら感じます。見えない目的に向かって困った人たちを助ける
“翼”の因縁がもたらす物語に、最初は戸惑いながらも“咲夜”同様、惹かれていきます。

社長代行という立ち位置や、記憶を消すという能力の意味など、独特なギミックの使い方
ですとかいかがわしい描写といった「新井輝」節を久々に堪能しました。登場人物たちの
ベクトルの向き方も穏やかではないものを含んでおり、どう話を転がすのか興味深々です。

posted by 秋野ソラ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2018年07月12日

『魔王討伐したあと、目立ちたくないのでギルドマスターになった4』

朱月十話 先生が贈るファンタジー作品。第4巻は仲間の力を借りてどうにか強敵を倒した
“ディック”に娘ができたり“ヴェルレーヌ”の弟が出張ってきたりと騒がしくなります。
(イラスト:鳴瀬ひろふみ 先生)

http://www.fujimishobo.co.jp/bk_detail.php?pcd=321709000006
https://ncode.syosetu.com/n9565dj/


女性陣からの好意を体で受け止める訳にいかない“ディック”の立場から娘を作り上げる
設定の活かし方にまず驚かされます。やってくれたな、という思いです。“ミラルカ”の
誤解をさりげない仕草で解消していく“スフィア”の純真さが何ともかわいらしいもので。

名を隠し切れない活躍ぶりに目をつけた国王から持ち掛けられた悩み、エルセインからの
“ヴェルレーヌ”返還要求への対応に思いがけない形で介入することになる“ディック”。
ラッキースケベな看護を受けているとは知らず、しっかり仕事をしていくあたりが流石で。

“ジュリアス”が事態をかき回すことになった今回の騒動。その裏にある背景、あるいは
暗躍する人物たちの思惑が見え隠れする様子、それがどう話に繋がっていくのかを楽しむ
話運びに魅せられます。嵐の前の静けさ、といった引き具合が活かされる次巻に期待です。

posted by 秋野ソラ at 00:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2018年07月11日

『オタギャルの相原さんは誰にでも優しい』

葉村哲 先生が贈る新作は、オタ友以上恋人未満なオタ充系青春ラブコメ。ギャルでオタク
趣味を持つ少女と「カノジョ(仮)」な関係になった少年が抱く感情の変化を描写します。
(イラスト:あゆま紗由 先生)

https://mfbunkoj.jp/product/otagal/321803000531.html


読者モデルもしているという“璃子”が、クラスでもその他大勢の一人である“アキラ”の
目の前に現れたかと思えば「オタ友になろうぜ!」と意気込みを見せる。不信を抱いた彼が
拒もうとすれば身を呈して塞いでくる。彼女が示す突拍子もない言動、その真意とは──。

あゆま紗由 先生の描く可愛らしい姿もあり見た目は不釣り合いな“アキラ”と“璃子”の
突如始まるオタ友活動ぶりが実に楽しそう。彼女のことを知る“健司”も加わってますます
ギャルでオタクという彼女の特異ぶりが際立っていくのも楽しい。実際に居たら驚きですが。

お試し彼女、という関係から一転して理想の彼女像にふさわしい“詠美”との出会いを経て
改めて“璃子”とのつながりを見つめ直すことになる“アキラ”。彼が下した決断を受けて
“璃子”も心情を明らかにする場面はまさに必見かと。オススメに足る青春ラブコメです。

posted by 秋野ソラ at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2018年07月10日

『友人キャラは大変ですか?5』

伊達康 先生が贈る名助演ラブコメ。第5巻は新たな主人公感の転校生“阿義斗”の登場に
友人キャラ魂を揺さぶられる“一郎”を尻目に“キュウキ”の思惑が物語を動かします。
(イラスト:紅緒 先生)

http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784094517408


“阿義斗”の友人キャラに、と動き出す“一郎”にヤキモチを焼く“龍牙”の様子ですとか
“シズマ”からの手紙に一喜一憂する三姫たちの姿からは緊張感が微塵も感じられない中、
“汐莉”は能力が使えなくなったり、様子がおかしい時があったり、と不安が募ります。

更に“阿義斗”から“龍牙”への思いがけないアプローチ、“屡贄”の主“トウコツ”が
“一郎”の思惑を大きく外した形で顕現するなど、事態は動いているにも関わらずどこか
コメディ色を強くしていく展開が話の先を読ませない、別な意味での焦りを感じさせます。

主を思うが故に“龍牙”たちを惑わせる“屡贄”の狙いも読みきれず、残る“キュウキ”
の尻尾をようやく掴んだ“一郎”の失望感たるや、思わず同情を禁じ得ません。ラスボス
として見据えた“キュウキ”はどんな言動を見せてくれるか。続きが待ち遠しいものです。

posted by 秋野ソラ at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2018年07月09日

『ピンポンラバー』

谷山走太 先生の「第12回小学館ライトノベル大賞・優秀賞」受賞作。卓球のエリートが
集まる学園に入学してきた元天才卓球少年の、不屈とも言える卓球への熱い愛を描きます。
(イラスト:みっつばー 先生)

http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784094517347


私立卓越学園で「氷結の瑠璃姫」と呼ばれるトップ選手“瑠璃”に卓球で完敗した“翔星”。
彼も昔「音速の鳥」の二つ名で知られた有名選手のはずだがなぜかプレイスタイルが異なる。
押してでも彼が学園に入学した理由は、弱点を指摘した彼女つながりで明らかとなるが──。

かませ犬的な“鉄平”との卓球シーンからも分かる通り、人の領域を超越した戦いの数々に
圧倒されます。ライバル的な存在の“沙月”とのやり取りとか、卓球に対する姿勢が好き。
無理をする“翔星”を献身的に支え続けてきた“椿”の想いにも注目してほしいところです。

“翔星”を圧倒した“瑠璃”にも卓球に関して引け目を感じるところがあって、それを彼と
共にどう乗り越えていこうとするか、その葛藤や熱量はクライマックスにふさわしい展開。
そして彼にとって思いがけない結末が訪れるのもポイントかと。良作なスポーツものです。

posted by 秋野ソラ at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2018年07月06日

『六畳間の侵略者!? 29』

健速 先生が贈る人気シリーズ。通算31冊目は“孝太郎”の前から次々と姿を消していく
六畳間の面々。その謎に打ちひしがれる彼の様子と、解決に繋がる彼の根源に触れます。
(イラスト/ポコ 先生)

http://hobbyjapan.co.jp/hjbunko/lineup/detail/790.html


まさに神隠し。消えていく理由も、止める術も掴めないまま悶々とする“孝太郎”の姿が
痛々しくてつらい。六畳間の面々だけは消える瞬間にその意味を知り、ヒントを残しても
要領は得ず。そして迎える決定的な瞬間。セリフが蘇る場面に彼が抱く絶望は計り知れず。

大切な人を失うことで味わう絶望の深さを知る“孝太郎”だからこそ持つ「特別な資質」。
その意味を31冊かけて問いかけてきた「彼女」の迂遠すぎるアプローチには驚くしかなく。
言われてみれば確かに、と思わせてくれる指摘の一つ一つに31冊分の重みが乗るかのよう。

あとがきで 健速 先生が示してくれた裏話の数々を紐解きたくて思わず最初から読み返し
たくなります。……その時間はなさそうですけど。作中で残り1年をどう描いていくのか、
そして10周年を迎える予定の31巻で何かやってくれると信じて、楽しみに待ちたい所です。

posted by 秋野ソラ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル

2018年07月05日

『中古でも恋がしたい!12』

田尾典丈 先生が贈る「小説家になろう」発の学園ラブコメ。第12巻は“清一”にトラウマ
を与えた完璧すぎる後輩の登場で“綾女”たちもうかうかしていられない状況を迎えます。
(イラスト:ReDrop 先生)

http://www.sbcr.jp/products/4797396836.html


研究会を突如訪れた、“清一”のことを「せー先輩」と呼ぶ美少女こそ、彼の女性不信を
決定づけた3人目の女の子“麻奈”。彼のエロゲヒロインになる、と公言する彼女の強い
想いで費やした5年という歳月に不信を抱くのも無理はないですが、実にもったいない。

ゲーム内でのハーレムはアリでも実際にはナシでしょ、と現実的な態度をとる“清一”を
優柔不断と指摘する“外崎”が追及していく言葉の数々。これには心当たりがありすぎて
胸に刺さるものがありました。女性陣に囲まれて、いい友人に恵まれて羨ましい限りです。

とはいえ、ある事情からリアルデートに流れていく所は“清一”をうらやまけしからんと
思わざるを得ない訳でもあり。雑念を払拭した彼がエロゲと向き合う決意を新たにしたと
安定ぶりを見せたところであのエピローグですよ。彼がどう誠意を見せるのか、注目です。

posted by 秋野ソラ at 00:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル